国の教育事業においては20年以上歴史的発展しているバリア・ブンタウテクノロジー・技術高等学校は一生懸命努力・多くの功績を残しました。今まで、学校は厳しい労働市場に対応およびインターナショナル標準の専門教育とインテグレーション趨勢に追いつくために、力強く発展しています。

募集効果及び企業協力促進を強化するために、学校の幹部は学生募集・就職補助・企業協力の事務所(事務所)を開くつもりです。住所は51国道、ティバイ、ミーソアン、フーミ区、バリア・ブンタウ県です。

フーミ区に学生募集・就職補助・企業協力の事務所開設

事務所は学校発展に対して特別な施設です。つきましては、学校の幹部は以下の通りの分野発展施策を行う社員を指導していきます。

募集分野

事務所は試験を受けないで内申書を確認後・モジュール式に高等・中等の15専門の入学願書を収集・案内・アドバイスを行います。高等に対しての教育時間は3年、中等に対しての教育時間は2年です。しかし、中等に対しての専門を学びながら義務教育を勉強する時間は3年です。

そのほか、学校は日本で働くために学生達に日本語と日本文化及びマナーも教えています。事務所は教育事業及び高い技能人材供給のため、学生の質と人数の両方を確保する責任を負っています。

就職補助・企業協力分野

事務所は企業の需要に応答するため、トレーニング活動を展開します。例えば: 労働安全のトレーニング・働きながら勉強する労働者の高等と中等程度教育・短期と注文書のトレーニングなどです。そのほか、企業協力を通じて学校の学生達は専門に従って、会社現場で実習して働くチャンスがあります。

学校との協力の際に企業の期待に応じるため、訓練・計画・仕組みを大事に組み立てます。そして、学校は企業需要に応じて、専門技能を向上するため、幹部職員と教師の能力を向上していきます。

学生募集・企業協力・トレーニング中後の学生に仕事紹介が責務・役割がありますので、バリア・ブンタウテクノロジー・技術高等学校は現在趨勢に追いつきながら学生・学校・企業に実効するため、施策を改革しています。